電話する 地図・診療時間

萌出障害の処置②先行乳歯の抜歯BLOG

こんにちは、神保町矯正歯科クリニック・院長の東野良治です。

 

前回(歯の萌出障害~その1~)は萌出障害の歯についての

処置として、経過観察ということを書きました。

 

萌出障害の歯の処置の第2選択は「先行乳歯の抜歯」です。

 

 

大人の歯の方向に異常がある場合は、早めに当部位の乳歯を

抜歯すると状況が改善するとことが多いのです。

 

また、乳歯の大きな虫歯・乳歯の根っこの病巣がある場合も

大人の歯が出てきにくい原因となりますね。

この場合も「先行乳歯の抜歯」が有効です。

 

抜歯のタイミングは難しいので、専門の先生の話をよく聞いて

いただきたいと思います。

歯並びでお悩みの方は是非ご相談ください

院長:東野 良治

歯学博士・矯正歯科専門医である東野良治院長が対応いたします。些細なことでも構いません。お気軽にご相談ください。

電話:03-5577-6475

メール:こちらから

住所:
〒101-0051
東京都千代田区神田神保町1-10-1 IVYビル3F
神保町駅A5出口出てすぐ

東野良治院長の経歴や所属、学会発表など、より詳しくはこちら

投稿日:2014年8月23日  カテゴリー:子どもの矯正治療

年月別記事

ページトップへ
ページトップへ