加速矯正(スピード矯正)ACCELATED ORTHODONTICS

スピード矯正とは

スピード矯正

加速矯正・スピード矯正・accelated orthodonticsとは歯の移動を早める装置のことを指します。

矯正治療の期間短縮につながります。

加速矯正・スピード矯正ともに現時点で学術用語ではなく、いわゆる造語です。

現在のところ、それを支持する論文or支持しない論文ともにでており賛否が分かれている状態です。

日本矯正歯科学会ではHPに関するガイドラインがあり、本院もそれを順守しています。

そのため、加速矯正装置は「歯が早く移動する報告のある装置ということになり、すべての患者様に同様の効果があるとは言えない装置」と記述するのが正確な表現になります。以下その前提でご覧ください。

オーソパルス(OrthoPulse、オルソパルス)について

痛くない、近赤外線を毎日10分照射

オーソパルス

※「痛くない」→ あくまで個人の感想です。効果には個人差があります

オーソパルスはおおよそ850nmという波長の光を発します。

この波長の光を細胞に照射するとPhotobiomodulationという効果が表れます。

オーソパルスの使用方法

オーソパルスの使用方法

オーソパルスを使用して上顎と下顎各5分ずつ近赤外線(near infrared light)を照射します。(合計10分)

Photobiomodulationとは

Photobiomodulationとは主に以下の3つの効果のことを指します。(ミトコンドリアで起こります)

  • ATP(Adenosine Triphosphate)の産生
    ATPとは生体共通のエネルギー源となります。
  • NO(Nitric Oxide)の産生
    NOは血管拡張作用があるため痛みをとることに効果があります。<
  • ROS(Reactive Oxygen Species)の産生
    ROSは抗炎症作用に寄与します。

このPhotobiomodulationという効果によって歯が早く移動すると考えられています。

身体にやさしい加速装置

オーソパルスは、様々ある加速装置の中でも「非侵襲」型として分類されます。

非侵襲とは外科処置を伴わない方法ということです。(身体を傷めつけないということです。)

インビザラインと相性

インビザラインと相性

本院ではインビザラインとの相性が良いのではないかと考えています。

インビザライン治療ではクリンチェックによるシミュレーションに従って、形態の違うアライナー(マウスピース)を1~2週間に一度のペースで交換します。

「オーソパルス(OrthoPulse)」を使用することによって、歯の移動が早くなる(正確には早くなるという報告がある)ため、アライナー交換ペースは短縮されます。(5~7日)

つまり、治療期間が短縮するということになります。

計算の上では「2週間(14日)に1度」の交換が「5日に1度」に変われば

14日÷5日≒3倍

と同一期間内で約3倍の歯の移動が可能ということになります。

あくまで計算上ではありますが、驚異的な違いということができます。

スピード矯正をお考えの皆様へ

『矯正治療の期間が短くなる』
これは患者様と矯正医の双方にとって好ましいことだといえます。

これまで治療期間が短くなる手法は多く考案されてきましたが、オーソパルスは2016年11月現在最新の方法です。

現段階では日本の薬事承認が下りているものでもありませんし、学術的な位置づけが定まっているものでもありません。

そのため、上記の内容をご理解いただいたうえでご興味のある患者様にのみ使用しています。

本院ではカナダより個人輸入しています。(カナダでは薬事承認が下りています。FDA[米国食品医薬品局]でも承認済みです。)
皆様に使用するものではないため、費用は別途かかります。ご注意ください。

オーソパルスにご興味のある方は、
是非ご相談ください。

ページトップへ
ページトップへ