矯正の種類と特徴ORTHODONTIC APPLIANCE

当院で扱っている矯正装置の種類と特徴

当院で扱っている代表的な4種類の矯正装置をご紹介します。

1. 表側矯正 / 審美ブラケット 2. 裏側矯正 / 舌側矯正 /
リンガルブラケット
表側矯正 / 審美ブラケット 裏側矯正 / 舌側矯正 / リンガルブラケット
特徴 白や透明色の目立たない色のブラケットを
審美ブラケットといいます。
歯の裏側に装着するブラケットです。
メリット
  • 多くの種類の不正咬合に
    対応することができる
  • ケースによっては、ほかの装置に比べて
    治療期間が短くなることがあります
  • 当院では、金属ブラケットと同額の費用です
  • 周囲の人から気付かれにくい
  • 歯の裏側は虫歯になりにくい特性があり、
    表側矯正より虫歯になりにくい
デメリット
  • 表側につけるので、装置自体は見えます
    (金属ブラケットよりは目立ちません)
  • 慣れるまで違和感を感じたり、
    発音がしにくい場合がある
  • 表側矯正とくらべて料金が高い
詳細 表側矯正 / 審美ブラケット 裏側矯正 / 舌側矯正
3. ハーフリンガル矯正 4. マウスピース矯正
ハーフリンガル矯正 マウスピース矯正
特徴 表側矯正と裏側矯正とを併用した矯正治療です。
上顎の歯は裏側に、下顎の歯は表側に装置を
つけて治療します。
ワイヤーやブラケットを使わず、
透明で薄いマウスピース型の装置を用いて
歯を動かします。
メリット
  • 人から見えやすい上顎は、
    歯の裏側に装置をつけるので目立ちにくい
  • 話すときに舌があたる下顎は表側装置なので
    発音の邪魔になりにくい
  • 裏側矯正とくらべて料金が安い
  • ワイヤーやブラケットを装着しないので、
    発音障害や不快感が少ない
  • マウスピースは薄くて透明なので、
    周囲の人からほとんど気づかれない
  • 装置を自分で取り外しできるので
    歯みがきがしやすい
デメリット
  • 表側矯正とくらべて料金が高い
  • 下の歯が見えるスマイルを普段よくする方は
    装置が目立ちます。
  • 指定された装着時間を守らないと
    治療の結果に影響を及ぼすことがある
  • 治療できる症状が表側矯正よりも
    限定されている
詳細 ハーフリンガル矯正 マウスピース矯正
小児矯正(子供の矯正)で用いる矯正装置はこちら

矯正装置の比較

患者さんそれぞれの歯並びの状態や程度によって、最適な装置は変わってきます(どの矯正装置が一番優れているということはありません)。

当院では、カウンセリングと診断時に患者さんご本人の希望やライフスタイルなどもお伺いし、個々の患者さんにとって最適な治療法は何かをしっかりと検討するプロセスを大切にしています。

  審美
ブラケット
裏側矯正 ハーフ
リンガル
マウスピース
審美ブラケット 裏側矯正 ハーフリンガル マウスピース
治療費 ×
治療期間が短い
装置が目立たない
症状の適応範囲
装着時の違和感 ×
通院頻度 約4週間/1回 約4週間/1回 約4週間/1回 約4~12週間/
1回
取外しできるか × × ×
話のしやすさ
金属アレルギー × ×
歯磨きのしやすさ
ページトップへ
ページトップへ