裏側・舌側矯正ORTHODONTICS

舌側矯正とは

舌側矯正・裏側矯正

歯の裏側に矯正装置をつける見えない矯正(舌側矯正、裏側矯正)は、装置が外から見えにくいため、人目を気にせず治療を進めることができます。

舌側矯正の特徴

メリット

舌側矯正のメリット
  • 矯正装置が見えない

接客業や人と頻繁に会う職業の方、人前で話す機会の多い方、結婚式を控えている方など、それぞれの事情で歯の表側に装置を付けることに抵抗感を持っている方のニーズに応える治療方法です。

デメリット

  • 装置のつけ初めは、通常の発音がしにくくなることがあります。
  • 舌の位置に装置があるため、口腔内が狭く感じられ不快に感じ場合があります。

しかし、

次第に慣れていって気にならなくなる方がほとんどです。

最近は装置の小型化が進んでいるため、このような不満は減る傾向にあります。

ハーフリンガル

ハーフリンガル

違和感や発音への影響を考慮して、上顎は裏側矯正で行い、目立ちにくい下顎を表側矯正で行う 「ハーフリンガル」という治療法もあり、非常に人気があります。
(リンガルとは「舌側」という意味です。)

当院の舌側矯正について

当院では、「クリッピーL」もしくは「ハーモニー」 といわれる舌側矯正装置を用いています。

症例ごとに最適の装置選択を行っています。ともにセルフライゲーションシステムです。

セルフライゲーションとは?

通常の矯正治療は、ブラケットに針金やゴムリングを結びつけることでワイヤーを歯に固定します。

しかし、セルフライゲーション(=自分自身で結ぶ)システムでは、ブラケット自体にワイヤーを固定する構造が組み込まれています。

具体的には、ブラケットにシャッター構造が附随しています。

ワイヤーをこのシャッター部分に通すことで従来より摩擦抵抗が少なくなります。
摩擦が少ないということは、弱い力で歯が動き、矯正による歯の痛みが少なく歯も早く動きやすいということにつながります。

ブラケット自体にワイヤーを通す構造が組み込まれています

ブラケット

ワイヤーを針金やゴムで強く結びつけないので歯をスムーズに動かせます

ブラケット

クリッピーL

クリッピーL

クリッピーLは、国産メーカー「トミーインターナショナル®」製の矯正装置です。

ポイント①

セルフライゲーションシステムの装置

ブラケットとワイヤーの摩擦抵抗が少ないセルフライゲーションシステムの装置です。

ポイント②

ストレートワイヤー

真っ直ぐでシンプルなストレートワイヤーを用い、 小さく非常にシンプルな装置です。

ハーモニー

ハーモニー

ハーモニーは、フランスのメーカー「HARMONIY®」社製の矯正装置です。

ポイント①

セルフライゲーションシステムの装置

ブラケットとワイヤーの摩擦抵抗が少ないセルフライゲーションシステムの装置です。

ポイント②

歯列に合わせて屈曲したワイヤー

ロボット技術を用いて、患者さんの歯列に合わせて屈曲したワイヤーを用います。

ポイント③

汚れがたまりにくいブラケット

汚れがたまりにくく、従来の装置よりむし歯になるリスクが低下しました。

ページトップへ
ページトップへ