(矯正歯科用語集) 圧下(あっか)とは!


こんにちは、東京都千代田区の矯正歯科専門医院・神保町矯正歯科クリニック院長の東野良治です。

 

本院のHPは、矯正治療にご興味のある方々から毎日多くのアクセスをいただいています。

 

極力平易な表現を心がけていますが、文章が成立するためにはある程度、専門用語の使用が必要となります。

 

そこで、どうしても使用が必要となる専門用語を説明する矯正歯科用語集を少しずつアップしていきます。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

本日は

▶「圧下(あっか)とは?」です。

「圧下(あっか)」とは「歯の移動方向のひとつ」です。

 

一般的に下記4枚の写真のように「歯を根尖方向(歯の根っこ)への移動」を指します。

(歯が沈む方向への移動)

 

(正面アングル)

 

(左アングル)

 

下の前歯が見えなかったのが見えるようになったのは、上の前歯と下の前歯を圧下(沈む方向への移動)させたからです。

 

圧下の移動は難しい移動とされ、特に臼歯(奥歯)の圧下は特に難しい移動です。

 

このような難しい移動には、歯科矯正用アンカースクリュー(インプラント矯正、TAD、ミニスクリュー)を利用するのが一般的です。

 

また、「圧下」の対義語は「挺出」です。

 

 

関連ブログ

インプラント矯正とは!

過蓋咬合(咬み合わせが深い)とは!

 

 

 

矯正治療について何でもご相談ください

東京都千代田区の矯正歯科:神保町矯正歯科クリニック

〒101-0051
東京都千代田区神田神保町1-10-1 IVYビル3F
東京都千代田区の矯正歯科:神保町矯正歯科クリニック

日付:  カテゴリ:矯正歯科用語集

CONTACT

ご相談・カウンセリングは無料です。
お気軽にお問い合わせくださいませ。

03-5577-6475