【症例30】叢生(歯がガタガタ)、表側ワイヤー矯正、抜歯症例!(正面アングル・上下顎咬合面アングル・左右アングル)(2018.11.08up)


YouTube(動画再生サイト)に新しい動画を追加しました。 (2018.11.08up)

 

お顔はお見せできませんが、重度の叢生(歯がガタガタ)症例です。

 

矯正治療によって、どのように歯が移動していくのかを、ショートムービーにてご覧ください。

(症例30、正面アングル・上下顎咬合面アングル・左右アングル)

 

新しい動画 はこちらです。

 

 

 

『症例の概要』

【主訴】歯がガタガタしている。見た目が気になる。

【問題点】上下歯列叢生

【治療計画】主訴である叢生を改善させるために上下小臼歯抜歯を選択し矯正治療を行った。

【治療方法】小臼歯抜歯矯正治療「14,24,34,44抜歯」

【使用装置】表側マルチブラケット装置(上下顎とも表側ワイヤー矯正)

【性別】女性

【年齢】33歳

 

詳しくはリンク先のYoutubeを参照してください。

 

また、以下関連ブログも一緒に参照してください。

叢生(歯並びがデコボコ)の原因と治療法

 

足りないスペース(隙間)の作り方:5パターン

 

 

 

 

 

 

 

矯正治療について何でもご相談ください

東京都千代田区の矯正歯科:神保町矯正歯科クリニック

〒101-0051
東京都千代田区神田神保町1-10-1 IVYビル3F
東京都千代田区の矯正歯科:神保町矯正歯科クリニック

日付:  カテゴリ:大人の矯正治療, 症例, 症例紹介

CONTACT

ご相談・カウンセリングは無料です。
お気軽にお問い合わせくださいませ。

03-5577-6475