保定期間に入られた方へRETENTION-TERM

保定について

矯正治療により動かした歯は、装置を外してそのままにしておくと後戻りします。

歯並びやかみ合わせを改善した後、保定装置(リテーナー)を使用して新しい位置に安定させることを「保定」といいます。

1年終日使用

保定開始後の1年間は、食事と歯磨き以外の時間は常にリテーナーを装着してください。

1年就寝時使用

1年経過後、歯列が安定していることが確認されたら、夜間のみの装着に移行します。※この期間には個人差があります。

  • リテーナーを終日使用して歯列を安定させる期間中(通常1年間)のリテーナー製作や保定観察に関する費用は、すべて最初にご提示する矯正の費用に含まれています。 追加費用はかかりません。
  • ドクターの指示に従ってリテーナーの装着時間を守り、定期チェックに通っていただいている方であれば、リテーナーを終日使用している期間中(通常1年間)に万が一、歯が後戻りを起こし再度矯正治療が必要になった場合にも無料で対応いたします。

保定期間について

約1年 ~3年間

リテーナーを続ける必要のある「保定期間」は、矯正治療の内容、患者様の年齢、骨、歯列の状態によって異なりますが、だいたい1 ~ 3年間と言われています。したがって、リテーナーを終日利用する期間を過ぎても、就寝時には毎日リテーナーを最低1年間は使用してください。

定期的な通院が必要

通院時には、後戻りがないか、リテーナーの不具合がないか等をチェックします。歯が安定してくるにつれて、通院の間隔を徐々に空 けていきます。1年経過して大きな問題がなければ定期的な通院は終了となります。ただし、歯列の安定がまだ認められないなど、1年経過後もしばらく通院されることをお勧めする場合があります。

保定装置(リテーナー)

当院では主に、取り外しのできる透明なマウスピースタイプのリテーナーを使用しています。

歯列全体を覆うため歯並びの保持力が強く、透明なので外見を気にせず長時間使用しやすい点がメリットです。

また、歯ぎしりや食いしばりの癖がある方にも有効です。

就寝時にマウスピースを装着することは、歯や顎への衝撃を緩和でき、歯を守る効果があります

保定装置使用方

ページトップへ
ページトップへ