マウスピース矯正の特徴FEATURE OF MOUTHPIECE

マウスピース矯正とは

マウスピース矯正

マウスピース矯正とは、歯に固定させるワイヤーやブラケットを使わず、着脱可能で目立たない透明のマウスピース型の「アライナー」を使って歯を動かす矯正方法です。

治療期間中も、普段通りに食事や歯のお手入れができ、見た目を気にすることなく治療を受けていただくことが可能です。

こんな人に!マウスピース矯正が向いている人

マウスピース矯正が向いている人
  • 「装置がずっと歯についていることに抵抗がある」
  • 「仕事柄、装置が見える治療方法は無理」
  • 「矯正していることを、あまり人に気づかれたくない」

マウスピース矯正の特徴・メリット

1. 非常に目立ちにくい

非常に目立ちにくい

透明のマウスピースなので治療中も他人に気づかれにくい装置です。

治療中の見た目が気になる方、人と接する機会の多い方などにおすすめの矯正治療方法です。

2. 取り外して、食事ができる

取り外して、食事ができる

患者様ご自身でアライナーを着脱することが出来ますので、治療中も普段通りにお食事ができます。

3. むし歯のリスクが減る

むし歯のリスクが減る

歯みがきの際にアライナーを外していただけるので、普段通りのお口のケアが可能です。

また、毎日のアライナーのお手入れも簡単なので清潔に保つことが出来ます。

マウスピースのお手入れはこちら

4. 金属によるアレルギーの心配がない

金属によるアレルギーの心配がない

金属成分を一切使用していません。

アレルギー体質で金属ワイヤーを用いた矯正治療が受けられないという方にも安心な治療方法です。

5. 痛みが少ない(個人差があります)

痛みが少ない(個人差があります)

段階を追って細かく歯を動かしながら歯並びを矯正するため、ワイヤーの矯正装置と比べて痛みが少ないと言われています。

また、唇や口の中の粘膜などを傷つけてしまう心配がありません。

治療期間中に装置が歯から外れてしまうなどの緊急性が少ないことも特徴の1つです。

6. 3Dで治療のプロセスが分かる

3Dで治療のプロセスが分かる

コンピューター画面上で、治療開始から終了までの歯の移動シミュレーションを確認することができます。

マウスピース矯正のデメリット

1. 適応できない症例がある

適応できない症例がある

ワイヤーの矯正装置を併用した治療計画を立てる場合もあります。カウンセリングの際にご相談ください。

2. 使用方法を守らないと治らない

使用方法を守らないと治らない

1日の規定された装着時間(約20時間以上)が必要です。食事の際には外してください。

3. 治療期間が長くなる場合がある

治療期間が長くなる場合がある

ケースによっては、ワイヤーの矯正装置と比べて治療期間がかかることがあります。

マウスピース矯正の種類

マウスピース矯正は、装置を制作する会社ごとにいくつか種類があります。

当院では以下の2種類の装置を使用しています。

インビザライン

インビザライン

インビザラインについて

アソアライナー

アソアライナー

アソアライナーについて

マウスピースのお手入れ方法

従来の矯正装置同様、マウスピース治療中の口腔ケアはとても大切です。

適切なケアで矯正治療中も快適に過ごしましょう。

アライナーの洗い方

アライナーの洗い方

アライナーは取り外したら、ご自分のハブラシで必ずこすり洗いします。アライナーが変形しない様に洗う時は水またはぬるま湯を使い流水でよくすすぎます。

歯磨き粉をつけたい場合は、アライナーに傷を付けないよう、ごく少量にして下さい。

汚れやにおいが気になる方は、専用の洗浄剤を使用して下さい。市販の入れ歯洗浄剤は作用が強すぎるため、アライナーが変形破損する可能性があります。

飲食時の注意事項

飲食時の注意事項

飲食時には、アライナーを取り外します。食べかすなどが着いて虫歯や歯周病のもとになってしまったり、アライナー自体が傷んでしまったりする可能性があります。

アライナーを装着した状態で口にする場合は水だけにして下さい。熱い飲み物はアライナーを変形させる恐れがあります。

アライナーの保管方法

アライナーの保管方法

アライナーを取り外している間は、紛失や破損を防ぐため専用のアライナーケースに入れて保管しましょう。

ケースにいれずに置いておくと、ホコリが被って不衛生になったり誤って破損してしまったりすることもありますので注意しましょう。

ページトップへ
ページトップへ