j

叢生(歯がデコボコ、乱ぐい歯、八重歯)

叢生(歯がデコボコ、乱ぐい歯、八重歯)について

いわゆる「歯がデコボコ」という状態は叢生と呼ばれ、顎が小さかったり、顎に対して歯の幅が大きい場合に起こります。歯の生える場所が足りないため、歯が重なりあって生えています。

歯並びがデコボコしていると毎日の歯ブラシですべての汚れを落とすのは至難の業です。
歯のクリーニングのプロである「歯科衛生士」でさえ、厳しい叢生の患者さんのクリーニングには多くの時間を必要とします。

叢生患者さんが矯正治療を行う意義は、咀嚼効率の向上・むし歯/歯周病リスクの軽減にあるといえます。

叢生(歯がデコボコ、乱ぐい歯、八重歯)症例

叢生症例 <叢生に対する抜歯矯正治療>

治療方法:抜歯矯正治療
治療期間:20ヶ月
性別:女性
年齢:20代

主訴

叢生(歯がデコボコ、八重歯)のため、歯磨きしにくい、咬み合わせが良くない 見た目も良くない。

問題点

上下顎歯列叢生(ガタガタ)/上下顎歯列弓の狭窄(歯列の横幅が狭い)/上の3番目の歯が八重歯

治療計画

歯列の形態が狭窄、歯の配列スペース不足による叢生を改善させるためには、非常に多くの新たなスペースが必要となります。今回の症例では非抜歯のみでスペース確保を行うことが困難だと判断し、小臼歯抜歯矯正治療を選択しました。表側のマルチブラケット装置(ワイヤー矯正)を使用し、治療を行いました。

治療前
治療中(表側ワイヤー矯正装置を使用)
治療後

 

 

院長ブログ

矯正について幅広く情報発信している院長ブログから、叢生に関するおすすめ記事をピックアップしました。ぜひ参考にしてみてください。

 

料金表へのリンク
お問い合わせ・予約へのリンク