上顎前突(出っ歯)

上顎前突(出っ歯)について

いわゆる「出っ歯」といわれる歯並びです。
これは上顎前突と呼ばれ、上の前歯や歯列全体が前に突き出ている状態を指します。

多くの報告で、この上顎前突の患者さんは運動時や日常生活時に前歯の外傷といった怪我に遭遇する確率が高いとされています。

症例により診断は異なりますが、下の写真の症例では、小臼歯と呼ばれる真ん中から4番目の歯の抜歯を行い、前歯を後方に移動させました。

上顎前突(出っ歯)症例

上顎前突 <上顎前突に対する抜歯矯正治療>

治療方法:抜歯矯正治療
治療期間:23ヶ月
性別:女性
年齢:20代

主訴

前歯が出ていることが気になる。

問題点

上顎前歯が突出/口が閉じれない/前歯でモノが噛めない

治療計画

上顎前歯が下顎前歯に対して著しく突出しており、上顎前歯を後方移動させることにより前歯被害を改善させます。目標達成には上顎歯列のみに多くのスペースが必要となります。そのため、今回の症例は上顎小臼歯抜歯矯正治療を選択しました。矯正装置にはハーフリンガル(上顎歯列→裏側、下顎歯列→表側)を使用しました。

治療前
治療中(ハーフリンガルを使用)
治療後

 

 

院長ブログ

矯正について幅広く情報発信している院長ブログから、上顎前突に関するおすすめ記事をピックアップしました。ぜひ参考にしてみてください。

 

 

料金表へのリンク
お問い合わせ・予約へのリンク