矯正とは

矯正治療の目的は、機能的・生理的および審美的な障害を取り除くことによって、正常な口腔機能が営めるような咬合を確立することにあります。
歯並びや咬み合わせの異常を「不正咬合」といいます。矯正治療では、主に以下のような不正咬合を改善することができます。

不正咬合の例

1. 前後のバランス

上下の骨格的なバランスの問題である場合と、歯の並び方に要因がある場合があります。

上顎前突(出っ歯)

骨格的に上の顎が下の顎より前に突出している場合と、前歯の傾きに問題がある場合があります。習癖が原因で起こる場合もあります。

反対咬合(受け口)

骨格的に下の顎が上の顎よりも前に突出している場合と、前歯の傾きに問題がある場合があります。習癖が原因で起こる場合もあります。

2. 上下のバランス

上下の歯が垂直的に咬み合っていない状態です。

開咬

上下の歯の間にスペースがあいています。
習癖が関与している場合が多くみられます。
舌癖や口呼吸など、機能の異常によって増悪しますので、かみ合わせを治すのと同時に、機能の改善が必要となる場合が多くなります。

過蓋咬合(咬み合わせが深い)

垂直的な歯の重なりが大きい状態です。
下の前歯の約2/3以上が覆われています。

3. 左右のバランス

骨格や歯の咬み合わせが左右どちらかにずれています。

交叉咬合

歯が逆に重なっている、あるいはすれ違っている状態です。
上の歯の内側に下の歯が入ってすれ違う状態は鋏状咬合といいます。
咬み合わせのずれを放置すると骨格のずれを誘導してしまうことが多いので、早めの治療が必要です。

4.スペース不足・過剰

歯をのせる土台と歯の大きさに不調和がある状態です。

叢生(でこぼこ)

凸凹に歯が並んだ状態です。
プラークコントロールが難しく、咬合圧の負担も不均一となるため、むし歯や歯周病への罹患しやすくなります。

空隙歯列(すきっ歯)

隣の歯との間にすきまがあり、接触がない状態です。
乳歯列においては正常です。

※不正咬合の状態によっては、顎の治療が必要になることもあります。大人の矯正治療の場合、顎の成長が止まっているため、外科手術を併用することもあります。

不正咬合による障害

・むし歯になりやすい
・歯周病にかかりやすい
・正常な顎の成長を妨げる
・発音しにくいことがある
・歯を怪我しやすい
・歯がスムーズに生え変わらないことがある
・よく噛めない
・審美的障害
・心理的障害

など

料金表へのリンク
お問い合わせ・予約へのリンク