開咬

開咬について

顎を閉じて咬み合わせても、上下の歯の間に隙間ができる状態を、開咬と呼びます。

口腔習癖(指しゃぶり、舌癖、異常嚥下癖)が関係している場合と、骨格性の場合とがあります。

この状態をそのままにしておくと、

・奥歯が失われる可能性が高くなる。(前歯で食物を噛めないため、奥歯の負担が大きくなる。)
・う蝕、歯周病、口臭が生じやすくなる。(口腔内が乾燥するため。)
・発音がしにくい。(舌の位置が異常になるため。)

などの症状が起こることが予測されます。

 

 

料金表へのリンク
お問い合わせ・予約へのリンク