過蓋咬合(かみ合わせが深い)

過蓋咬合(かみ合わせが深い)について

咬み合わせが深い状態。
これは過蓋咬合と呼ばれ、下の歯列が上の歯列に覆われて見えなくなっている状態を指します。

良く起こるトラブルとして、下の歯が上の歯の後ろの歯茎を噛み込むことによる痛み、下顎の自由な運動を阻害することによるあごの関節の不調が挙げられます。

過蓋咬合(かみ合わせが深い)症例

下の症例は中学2年生の女の子です。
下の前歯が全く見えません。
上下とも前歯が平均値と比べるとかなり舌側傾斜(歯の傾斜が後ろ側)していたためです。
矯正治療により歯の傾斜を平均値まで移動させると治療後の写真のような仕上がりになりました。
「全く別人の歯みたいですね」と思うぐらいの変化です。

治療前 治療後

 

 

料金表へのリンク
お問い合わせ・予約へのリンク