転医について

本院では、転居などが理由で矯正治療の継続が困難になった患者様の受け入れを行っています。
(※セカンドオピニオンは行っておりません。)

転医の際は患者様が納得できる円滑な治療の引継ぎが大切です。
そのためには、治療開始時の資料及びこれまでの治療経過がわかる資料が重要となります。
転居される前に、担当矯正医に転医資料の作成を依頼されることをお勧めいたします。

転医受け入れまでの流れ

① お電話またはインターネットにて無料カウンセリング予約をお取りください。

  その際に、転医のご相談との旨をお伝えください。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

② 転医資料(レントゲン、初診時の口腔内写真、模型など)をお持ちください。

  転医資料を基に今後のご相談をさせていただきます。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

③ 現状評価のための精密検査を行います。

  現状評価は絶対に必要となります。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

④ 再診断

  今後の治療方針を確認します。
  治療期間、費用のご説明をします。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

⑤ 治療スタート

 

矯正治療は高度な技術と経験が必要な分野です。 患者様にとって満足の行く治療結果を得るために、十分な打ち合わせをさせていただいております。

料金表へのリンク
お問い合わせ・予約へのリンク