医療費控除について

医療費控除について

歯列矯正も医療費控除の対象になることをご存知ですか?

成人矯正でも「咬み合わせの向上」が主な目的ですので、治療目的と承認される場合があります。もちろん子供の矯正でも同じです。


医療費控除とは

家族で合計して、1年間に10万円を超える医療費がかかった場合、確定申告を行うことで一定金額の所得控除を受けることにより、税金が減税(還付)される制度です。確定申告を行うことで住民税も軽減されます。

*医療費控除額(最高200万円)=

(年間医療費支出額-保険金等で補填される金額)-(10万円と「所得金額の5%」とのいずれか少ない金額)

 

*「1年間に10万円」とは

1月1日~12月31日までの期間に医療費が家族で合算して10万円を超えた場合を指します。

 

*医療費控除の対象

病気の治療のために医療機関でかかった費用、薬局などで薬を購入した費用が対象となります。通院・入院のために親が付きそった場合の交通費も対象です。

確定申告は5年前までさかのぼって還付を受けることが可能です。申告を忘れていた方や医療費が控除対象になることを知らなかった方は、申告をお勧めします。

 

料金表へのリンク
お問い合わせ・予約へのリンク