カテゴリ: 症例

 

歯が生まれつき足りない!①

こんにちは、東京都千代田区の矯正歯科専門医院・神保町矯正歯科クリニック院長の東野良治です。   今日は「歯が生まれつき足りない症例」をテーマにお話します。   歯が生まれつき足りない場合があります。   歯が先天的に少ないのです。   以前ブログでも少しご紹介いたしました。   これはある一定の割合で起こります。   発現頻度は部位により …

続きを読む

 

日付:  カテゴリ:子どもの矯正治療, 症例

 

乳歯列はすきっ歯(空隙歯列)が理想的

こんにちは、東京都千代田区・神保町矯正歯科クリニック・院長の東野良治です。   今回のテーマは「乳歯列期の歯並び」です   乳歯列期とは子供の歯のみが並んでいる時期を指します。   乳歯列が完成するのが大体2歳半、永久歯が萌出し始めるのが大体6歳ごろです。(あくまで目安で、個人差があります。)   そのため、ここでは2歳半~6歳ごろの話とします。 &nbsp …

続きを読む

 

日付:  カテゴリ:よくある質問, 子どもの矯正治療, 症例

 

過蓋咬合(咬み合わせが深い)とは!

こんにちは、東京都千代田区の矯正歯科専門医院・神保町矯正歯科クリニック院長の東野良治です。   本日は「過蓋咬合」のお話をいたします。   「過蓋咬合」とは俗にいう「咬み合わせが深い」状態のことを指します。   難しく言うと「上下顎前歯の垂直的な被蓋(overbite)が正常範囲より深い咬合関係」、簡単にいうと「上の前歯が被さりすぎて下の前歯が見えない咬み合わせ」です …

続きを読む

 

日付:  カテゴリ:大人の矯正治療, 子どもの矯正治療, 歯並び・かみ合わせ・矯正治療, 症例

 

少しの違いで印象が全く変わる空隙歯列(すきっ歯)

  こんにちは、東京都千代田区の矯正歯科専門医院・神保町矯正歯科クリニック院長の東野良治です。   今回は空隙歯列について詳しくご説明いたします。   空隙歯列とは俗にいう「すきっ歯」のことです。   このような症例のことを指します。   空隙歯列は不正咬合の代表的な症例の一つです。   それでは、空隙歯列にはどのようなデメリットがあるの …

続きを読む

 

日付:  カテゴリ:☆☆人気ブログ☆☆, 大人の矯正治療, 子どもの矯正治療, 歯並び・かみ合わせ・矯正治療, 症例

 

W-type拡大装置(ポータータイプ)、クワドヘリックス

こんにちは、東京都千代田区の矯正歯科専門医院・神保町矯正歯科クリニック院長の東野良治です。   今日は「W-type拡大装置(ポータータイプ)、クワドヘリックス」についてお話します。   本院で使用するW-type拡大装置は「緩徐拡大装置」、「固定式矯正装置」です。 (緩徐拡大装置の対義語は急速拡大装置です。)   W-type拡大装置≒クワドヘリックスです。 &nb …

続きを読む

 

日付:  カテゴリ:大人の矯正治療, 子どもの矯正治療, 歯並び・かみ合わせ・矯正治療, 症例

 

反対咬合(受け口)の治療はいつから?

こんにちは、東京都千代田区の矯正歯科専門医院・神保町矯正歯科クリニック院長の東野良治です。   本日は、「反対咬合(受け口)治療のタイミング」についてお話します。   反対咬合は全症例中最も初診時相談年齢が低い症例です。   他の症例と比べ、初診時相談にかかる時間も長い傾向にあると思います。   今回、反対咬合に関してできるだけわかりやすくご説明いたします。 …

続きを読む

 

日付:  カテゴリ:☆☆人気ブログ☆☆, よくある質問, 大人の矯正治療, 子どもの矯正治療, 歯並び・かみ合わせ・矯正治療, 症例

 

インプラント矯正とは!

こんにちは、東京都千代田区の矯正歯科専門医院・神保町矯正歯科クリニック・院長の東野良治です。   今回のテーマは、「インプラント矯正とは!」です   インプラント矯正とは、直径1.6~2.0mm長さ4~8mmの非常に小さなネジ(歯科矯正用アンカースクリュー)を上顎骨・下顎骨に植立し、歯の移動を行う手法を用いた矯正歯科治療のことを指します。     &nbsp …

続きを読む

 

日付:  カテゴリ:☆☆人気ブログ☆☆, インプラント矯正, 症例

 

実はアタッチメントが付いていますよ!

こんにちは、東京都千代田区の矯正歯科専門医院・神保町矯正歯科クリニック・院長の東野良治です。   以前、「縁の下の力持ち、アタッチメント」というブログをアップしました。           今日は口腔内で実際にアタッチメントが付いている写真をお見せします。     右写真の赤丸で囲んだ部分がアタッチメントです &nbs …

続きを読む

 

日付:  カテゴリ:☆☆人気ブログ☆☆, インビザライン, 大人の矯正治療, 子どもの矯正治療, 症例

 

交叉咬合は顔の歪みにつながることがあります。

こんにちは、千代田区・神保町矯正歯科クリニック・院長の東野良治です。   今回のテーマは「交叉咬合の治療は子供の間に」です。   タイトルの「交叉咬合」とは、 「不正咬合の一形態で上下歯列の横方向の咬合関係の異常のこと」を指します。   交叉咬合も発現する場所により名称が異なりますが、 本日お話するのは片側性臼歯部交叉咬合についてです。   簡単にいうと、片 …

続きを読む

 

日付:  カテゴリ:大人の矯正治療, 子どもの矯正治療, 歯並び・かみ合わせ・矯正治療, 症例

 

歯と歯の間のすき間=ブラックトライアングルについて

こんにちは、東京都千代田区の矯正歯科専門医院・神保町矯正歯科クリニック院長の東野良治です。   今日は「ブラックトライアングル」についてお話します。 「ブラックトライアングル」とは、歯と歯の間の黒い隙間の部分を指します。 図の赤丸で囲まれた黒い隙間がブラックトライアングルです。   これは歯の形態と歯を支える歯槽骨量の減少による歯肉退縮が主な原因です。   本院ではこ …

続きを読む

 

日付:  カテゴリ:☆☆人気ブログ☆☆, 大人の矯正治療, 歯並び・かみ合わせ・矯正治療, 症例

 

緩徐拡大装置「固定式と取り外し式」

こんにちは、神保町矯正歯科クリニック・院長の東野良治です。   今日は「緩徐拡大装置」という装置についてお話します。   「緩徐拡大装置」とは1~2年かけて徐々に歯列を側方・前方に拡大する装置です。   この装置も、先述した急速拡大装置と同様、歯が並ぶスペースの足りない症例で、スペース獲得のために用います。   子供の顎の成長期に合わせてゆっくりと無理なく拡 …

続きを読む

 

日付:  カテゴリ:子どもの矯正治療, 歯並び・かみ合わせ・矯正治療, 症例

 

空隙歯列(すきっ歯)の原因

こんにちは、神保町矯正歯科クリニック・院長の東野良治です。   本日は、空隙歯列(すきっ歯)の原因についてお話しいたします。   原因としては ①歯が小さい   ②顎が大きい   ③舌が大きい   ④埋伏過剰歯がある   ⑤歯が足りない   ⑥悪習癖がある   ⑦歯周病である   などがあげられます。①~⑤は …

続きを読む

 

日付:  カテゴリ:大人の矯正治療, 子どもの矯正治療, 歯並び・かみ合わせ・矯正治療, 症例

 

すきっ歯(空隙歯列)について

こんにちは、神保町矯正歯科クリニック・院長の東野良治です。   本日は、空隙歯列についてお話しいたします。   空隙歯列とは俗にいう「すきっ歯」のことです。   では、空隙歯列にはどういったデメリットがあるのでしょうか? ・食物が詰まりやすい ・発音に問題がでる ・見た目が気になる   実際に矯正相談に来院される患者さんの主訴としては、最後の項目「見た目が気 …

続きを読む

 

日付:  カテゴリ:大人の矯正治療, 子どもの矯正治療, 歯並び・かみ合わせ・矯正治療, 症例

 

急速拡大装置(Rapid Expansion)

こんにちは、東京都千代田区の矯正歯科専門医院・神保町矯正歯科クリニック院長の東野良治です。   今日は「急速拡大装置」という装置についてお話します。   聞きなれない装置ですよね。   矯正装置としてそれほど出番が多いわけではありません。   役割は、上顎を大きく側方に拡大することです。   大幅に拡大、しかも短期間にです。   &nbs …

続きを読む

 

日付:  カテゴリ:大人の矯正治療, 子どもの矯正治療, 歯並び・かみ合わせ・矯正治療, 症例

 

叢生(歯並びがガタガタ)のデメリット

こんにちは、神保町矯正歯科クリニック・院長の東野良治です。   本日は、叢生についてお話いたします。   叢生とは「歯並びがガタガタ」の状態を指します。   叢生はあらゆる不正咬合の中で最も多いとされています。 (平成17年歯科疾患実態調査より)   では、叢生にはどういったデメリットがあるのでしょうか?   ①虫歯のリスクが高くなる ②歯周病のリ …

続きを読む

 

日付:  カテゴリ:大人の矯正治療, 子どもの矯正治療, 歯並び・かみ合わせ・矯正治療, 症例

 

叢生(歯並びがデコボコ)の原因と治療法

こんにちは、東京都千代田区の矯正歯科専門医院・神保町矯正歯科クリニック院長の東野良治です。   本日は、叢生(歯並びがガタガタ)についてご説明いたします。   「叢生;そうせい」とは別名「乱杭歯;らんぐいば」といい、歯が重なり合ってデコボコした状態のことを指します。   このような歯並びです。 治療前 治療後     この叢生は、日本人の「不正咬合 …

続きを読む

 

日付:  カテゴリ:☆☆人気ブログ☆☆, 大人の矯正治療, 子どもの矯正治療, 歯並び・かみ合わせ・矯正治療, 症例

 

反対咬合(受け口)の受診率(子供)

こんにちは、神保町矯正歯科クリニック・院長の東野良治です。   当院を受診される患者さんの内訳は、 前回お知らせした厚生労働省調査による不正咬合の内訳とは少し違うなという印象があります。   特に、反対咬合(受け口)の方の受診率については、この統計で示されている割合より確実に多く、かなりギャップがあります。   なぜ、このようなギャップが生じたのでしょうか? 答えは簡 …

続きを読む

 

日付:  カテゴリ:大人の矯正治療, 子どもの矯正治療, 歯並び・かみ合わせ・矯正治療, 症例

 

治療レポート

こんにちは。神保町矯正歯科クリニック・副院長の東野麻衣です。   今日は当院での治療の様子をご紹介します。   下の写真は、ただいま治療中の患者さん(小学5年生)の下顎の歯です。 デコボコがあるタイプの歯並び(叢生=そうせい)です。 ↓ 矯正装置を付けて1か月後 ↓ ここまで並びました。   歯の動き方には個人差があります。   この患者さんの場合、私たちも …

続きを読む

 

日付:  カテゴリ:子どもの矯正治療, 歯並び・かみ合わせ・矯正治療, 症例

 

歯並びを整えると

こんにちは。 神保町矯正歯科クリニック・副院長の東野麻衣です。   前回、叢生(歯並びが凸凹)ケースの患者さんをご紹介しました。     仮に、この患者さんが矯正をしなかった場合の歯科治療を想像してみます。   皆さんもご存知かもしれませんが、 歯医者では通常、歯型をとる際に歯の咬み合わせの記録もとります。   (赤い方が、咬み合わせの記録です。) &nbs …

続きを読む

 

日付:  カテゴリ:歯並び・かみ合わせ・矯正治療, 症例

 

染め出し液

こんにちは。 神保町矯正歯科クリニック・副院長の東野麻衣です。   下の写真は、「歯のでこぼこ(叢生)」を治療中の小学生のお口です。 でこぼこに加えて、まだ生え換わりの時期なので 歯磨きの難易度はとても高くなっています。   磨き残しがどのくらいあるか、専用の染色剤で染め出してみました。 「染め出し結果」 新しいプラーク(歯垢)は赤色、古いプラークは青紫色です。 特に、でこぼこ …

続きを読む

 

日付:  カテゴリ:子どもの矯正治療, 歯並び・かみ合わせ・矯正治療, 症例

 

 

CONTACT

ご相談・カウンセリングは無料です。
お気軽にお問い合わせくださいませ。

03-5577-6475