大人の矯正治療

最近は、矯正歯科治療に対する認識が変わりつつあり、大人になってから矯正を始める人が増えています。

予防医学としての矯正治療

矯正治療は、その人にとってあるべき顔全体の調和を達成する治療

矯正治療は、歯と顎、そして顔全体の調和を、その人にとってのあるべき状態にする治療です。そのため、歯並びだけではなく、顔の骨格や顎の状態なども診査をした上で、患者さん一人一人のお口に関連する機能が最適な状態へと変化していくように治療をすることが基本となります。

 

"きちんと"噛めると、様々な効用があります

自分の歯・口・消化器官を使ってものを食べることの重要性は広く知られていることと思います。きちんと噛むことは、食物の消化・吸収のみならず、顎や頬の筋肉を適切に使うことや、味や食感を感じ取ることによる脳の活性化や精神の安定にも関与することがわかってきています。

 

むし歯や歯周病も予防することができる矯正治療

年齢を重ねるにつれて、むし歯や歯周病などで歯を失う危険性は高まっていきます。歯を失う原因を予防することが大切ですが、矯正治療によって歯並びを整えることは、歯磨きなどの歯の管理がしやすくなり、虫歯や歯周病になる確率を下げることにつながります。したがって、矯正治療は予防医学のひとつということができるのです。

 

大人でも矯正治療は可能なの?

矯正治療では、歯の根元にある歯槽骨の代謝を利用して歯を動かします。
骨の代謝は一生涯を通じて行われますので、子どものペースに比べれば比較的遅くはなりますが、大人の矯正治療は十分に可能なのです。

 

大人の矯正治療のメリット

大人の矯正治療特有のメリットもあります。
患者さん本人がご自身で決意して治療に臨む方が多いため、モチベーションが非常に高く、最後まで協力的に治療に関与していただけるという点です。したがって、子どもの場合に比べてスムーズにゴールに到達しやすい傾向があるといえます。

また、仕事の都合上など、従来型の矯正装置に抵抗感があるという方には、歯の色に自然になじむセラミックの装置(審美ブラケット・エステティックワイヤー)や、表側からは装置が見えない裏側矯正(舌側矯正)、取り外しのできるマウスピースのような装置(マウスピース矯正)を利用していただくなど、装置選択の幅が広がったことも、大人の矯正治療へのハードルが下がってきた一つの要因といえるでしょう。

 

 

当院で扱っている矯正装置の特徴

1.表側矯正 / 審美ブラケット 2.裏側矯正 / 舌側矯正 / リンガルブラケット
特徴 白や透明色の目立たない色のブラケットを審美ブラケットといいます。 歯の裏側に装着するブラケットです。
メリット ・多くの種類の不正咬合に対応することができる
・ケースによっては、ほかの装置に比べて治療期間が短くなることがあります
・当院では、金属ブラケットと同額の費用です。
・周囲の人から気付かれにくい
・歯の裏側は虫歯になりにくい特性があり、表側矯正より虫歯になりにくい
デメリット ・表側につけるので、装置自体は見えます。
(金属ブラケットよりは目立ちません。)
・慣れるまで違和感を感じたり、発音がしにくい場合がある
・表側矯正とくらべて料金が高い
詳細 » 表側矯正 / 審美ブラケット « » 裏側矯正 / 舌側矯正 «
3.ハーフリンガル矯正 4.マウスピース矯正
特徴 表側矯正と裏側矯正とを併用した矯正治療です。
上顎の歯は裏側に、下顎の歯は表側に装置をつけて治療します。
ワイヤーやブラケットを使わず、透明で薄いマウスピース型の装置を用いて歯を動かします。
メリット ・人から見えやすい上顎は、歯の裏側に装置をつけるので目立ちにくい
・話すときに舌があたる下顎は表側装置なので発音の邪魔になりにくい
・裏側矯正とくらべて料金が安い
・ワイヤーやブラケットを装着しないので、発音障害や不快感が少ない
・マウスピースは薄くて透明なので、周囲の人からほとんど気づかれない
・装置を自分で取り外しできるので歯みがきがしやすい
デメリット ・表側矯正とくらべて料金が高い
・下の歯が見えるスマイルを普段よくする方は装置が目立ちます。
・指定された装着時間を守らないと治療の結果に影響を及ぼすことがある
・治療できる症状が表側矯正よりも限定されている
詳細 » ハーフリンガル矯正 « » マウスピース矯正 «

 

 

矯正装置の比較

患者さんそれぞれの歯並びの状態や程度によって、最適な装置は変わってきます(どの矯正装置が一番優れているということはありません)。
当院では、カウンセリングと診断時に患者さんご本人の希望やライフスタイルなどもお伺いし、個々の患者さんにとって最適な治療法は何かをしっかりと検討するプロセスを大切にしています。

  審美ブラケット 裏側矯正 ハーフリンガル マウスピース
治療費 ×
治療期間が短い
装置が目立たない
症状の適応範囲
装着時の違和感 ×
通院頻度 約4週間/1回 約4週間/1回 約4週間/1回 約4~12週間/1回
取外しできるか × × ×
話のしやすさ
金属アレルギー × ×
歯磨きのしやすさ

 

 

保定期間

装置をはずした後、何もしないと歯は元の位置に戻ろうとします。この「後戻り」を防ぐため、保定装置(リテーナー)と呼ばれる装置を使い、矯正治療中に動かした歯列の位置を安定させます。

プレートタイプリテーナー
(取り外しタイプ)
クリアーリテーナー
(取り外しタイプ)
FSW(固定式タイプ)

 

 

院長ブログ

矯正について幅広く情報発信している院長ブログから、大人の矯正に関するおすすめ記事をピックアップしました。ぜひ参考にしてみてください。

 

料金表へのリンク
お問い合わせ・予約へのリンク