矯正歯科のレントゲンについて


こんにちは。東京都千代田区の矯正歯科専門医院、

神保町矯正歯科クリニック・副院長の東野麻衣です。

 

今日は、当院で撮影している

セファロ」=「顏の横側から撮るレントゲン」

についてご紹介します。kinoko02.gifkira01.gif

 

矯正治療では、歯だけを診るのではなく、

顎の状態を検査することも非常に重要です。

 

通常よく撮られるレントゲン(パノラマ)は、

下のようにの周りだけを撮影するものです。

パノラマ

 

これに対して、の全体を横から撮影する

レントゲンが「セファロ」です。

セファロ
※「セファロ」は、正確には頭部X線規格写真
(セファログラム)といいます。一定の規格のもとに
撮影され、正面から撮る「正面頭部X線規格写真」
と、横から撮る「側面頭部X線規格写真」があります。

 

この他にも各種の撮影方法がありますが、

患者さんの症状に合わせて必要な方法のみ

撮影します。

 

(当院ではデジタルレントゲンを使用して

いますので、照射線量は従来方式の1/6~

1/10以下に抑えられます。)

 

このように撮影した画像をもとに、

歯と顎の状態を精査します。

 

当院では、分析結果を分かりやすくご説明

できるように、全てコンピューターに入力

して資料作りを行っています。

a to z

 

歯を診るだけでは得られない情報が満載の

この「セファロ」は、より正確な矯正治療の

診断を行うために非常に重要な方法です。

 

初めてこの画像を見る方は少しびっくりされる

かもしれませんが、自分の骨をじっくり見ている

うちに、だんだん慣れて可愛く感じられてくるかも!?

 

どうぞ診断の際に、ご確認くださいkao06.gif

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

矯正治療について何でもご相談ください

東京都千代田区の矯正歯科:神保町矯正歯科クリニック

〒101-0051
東京都千代田区神田神保町1-10-1 IVYビル3F
東京都千代田区の矯正歯科:神保町矯正歯科クリニック

日付:  カテゴリ:医院紹介

CONTACT

ご相談・カウンセリングは無料です。
お気軽にお問い合わせくださいませ。

03-5577-6475