高校生の矯正治療率


こんにちは、東京都千代田区の矯正歯科専門医院・神保町矯正歯科クリニック院長の東野良治です。

 

先日、少しびっくりした出来事に遭遇したのでご紹介します。kao06.gif

 

その日は、某飲食店で副院長と昼食をとっていました。kaeru08.gif

 

隣席には、たまたま6人組の女子高生が座っていました。

 

私は職業柄、まず人の口元を見てしまうのですが、なんと6人ともに矯正器具がついていたのです。

 

偶然が重なったとはいえ女子高生6人中6人が矯正治療中ということに、私はとても驚きました。icon_rolleyes.gif

 

どの医院でも傾向は同じですが、小学生・中学生・高校生・大学生・社会人の治療区分中、高校生の矯正治療数はダントツで少ないのが通常です。

 

矯正治療の場合、初めて矯正相談に来院されるタイミングには3つのパターンがあります。bye03.gif

①両親のみの希望

②本人・両親の希望

➂本人のみの希望

 

それぞれ矯正相談に来院される時期は、以下の様になります。

①両親のみの希望

→小学生の間、遅くとも中学生のうち

②本人・両親の希望

→小学生の間、遅くとも中学生のうち

➂本人のみの希望

→大学生や社会人になってから

 

アンケートを取ったわけではありませんが、矯正相談時に成人の患者様と話していると、「昔から矯正治療をしたかった」と話される方が多い、という印象を持っています。

 

おそらく、高校生時には自分の歯並び(矯正治療)を意識していたが、「周りの目が気になる(見た目)」、「費用面」といった障壁によって、高校生の間に矯正治療を開始できなかったのでしょう。

 

中高生の場合、「費用面」は自分では何とかなりません。icon_cry.gif

 

しかし、「周りの目が気になる(見た目)」に関しては、昔と違い目立ちにくいタイプ(ホワイトワイヤー、裏側矯正、マウスピース矯正)のものがあるため、矯正治療を始めやすい環境にはなっていると思います。

 

本格矯正の治療期間は症例の難易度により異なりますが、半年~3年と長期にわたります。

(通院は月1回です。)

 

高校生の間は、海外への短期留学も就職活動も転勤もありません。

 

治療が途切れる心配のない時期だといえます。

 

できれば、大学に入ってから治療を開始するより、高校生の間に治療を開始するべきだと思います。kaeru01.gif

 

 

以上、6人の女子高生を見て私が思ったことでした。

 

矯正治療について何でもご相談ください

東京都千代田区の矯正歯科:神保町矯正歯科クリニック

〒101-0051
東京都千代田区神田神保町1-10-1 IVYビル3F
東京都千代田区の矯正歯科:神保町矯正歯科クリニック

日付:  カテゴリ:子どもの矯正治療, 歯並び・かみ合わせ・矯正治療

CONTACT

ご相談・カウンセリングは無料です。
お気軽にお問い合わせくださいませ。

03-5577-6475