顎の大きさと歯の大きさの評価方法


こんにちは、神保町矯正歯科クリニック・院長の東野良治です。

 

本日は顎の大きさと歯の大きさの評価方法についてお話いたします。

 

歯科医院に行くと「歯が大きいですね。」、「顎が小さいですね」といわれた経験はありませんか?

 

では、何を基準に大きい!?、小さい!?と言っているのでしょうか?

 

口の中を見た時点では、経験則からの予測にしかすぎません。

 

そこで、顎の大きさと歯の大きさを評価する基準が必要になります。

 

通常、矯正の精密検査では歯の型取りを行います。

 

そして歯の模型を作り、この模型の歯とあごの大きさをノギスで計測することで、客観的な評価を行っています。

DSCN0532「平行模型とノギス」

 

計測してみると実際どのぐらい大きいのかがわかります。

 

矯正治療について何でもご相談ください

東京都千代田区の矯正歯科:神保町矯正歯科クリニック

〒101-0051
東京都千代田区神田神保町1-10-1 IVYビル3F
東京都千代田区の矯正歯科:神保町矯正歯科クリニック

日付:  カテゴリ:歯並び・かみ合わせ・矯正治療

CONTACT

ご相談・カウンセリングは無料です。
お気軽にお問い合わせくださいませ。

03-5577-6475