萌出障害の処置②先行乳歯の抜歯


こんにちは、神保町矯正歯科クリニック・院長の東野良治です。

 

前回(歯の萌出障害~その1~)は萌出障害の歯についての

処置として、経過観察ということを書きました。

 

萌出障害の歯の処置の第2選択は「先行乳歯の抜歯」です。

 

 

大人の歯の方向に異常がある場合は、早めに当部位の乳歯を

抜歯すると状況が改善するとことが多いのです。

 

また、乳歯の大きな虫歯・乳歯の根っこの病巣がある場合も

大人の歯が出てきにくい原因となりますね。

この場合も「先行乳歯の抜歯」が有効です。

 

抜歯のタイミングは難しいので、専門の先生の話をよく聞いて

いただきたいと思います。

 

矯正治療について何でもご相談ください

東京都千代田区の矯正歯科:神保町矯正歯科クリニック

〒101-0051
東京都千代田区神田神保町1-10-1 IVYビル3F
東京都千代田区の矯正歯科:神保町矯正歯科クリニック

日付:  カテゴリ:子どもの矯正治療

CONTACT

ご相談・カウンセリングは無料です。
お気軽にお問い合わせくださいませ。

03-5577-6475