舌側矯正(裏側)の治療可能範囲・治療期間


こんにちは、神保町矯正歯科クリニック・院長の東野良治です。

 

見えない矯正治療方法の一つに「舌側矯正(裏側矯正)」というものがあります。

 

最大のメリットは目立たないことです。

 

(目立たない装置としては、この他にマウスピース矯正もあります。)

 

当然ですね。装置とワイヤーが歯の裏側にあるのですからね。

 

当院は都心という立地上、この見えない矯正方法「舌側矯正」を希望される患者さんが多いです。

 

初診カウンセリングの際に、患者さんから「治療できない症例が多いのですか?」「治療期間が長くなりますか?」とのご質問をよくいただきます。

 

Q)治療できない症例が多いのですか?

 

A)舌側矯正の治療範囲に関しては、表側からする場合と比べて適用範囲はほとんど変わらないと理解していただいて構いません。

 

ただ、表側からと比べ治療難易度が上がってしまう症例は存在します。

 

そのような症例でも、治療できないわけではありません。

 

何がどのように難しいのかを担当の先生とよく相談したうえでの装置選択が大切となります。

 

 

Q)治療期間が長くなりますか?

A)これは症例によります。

 

治療期間が表側と比べてほとんど変わらない症例もあれば、やや変わってくる症例もあります。

 

歯のガタガタ度合いが多い症例は概ねやや治療期間が長くなります。

 

自分の症例はどうかな?と思われる方は一度初診カウンセリングをお受けください。

 

矯正治療について何でもご相談ください

東京都千代田区の矯正歯科:神保町矯正歯科クリニック

〒101-0051
東京都千代田区神田神保町1-10-1 IVYビル3F
東京都千代田区の矯正歯科:神保町矯正歯科クリニック

日付:  カテゴリ:よくある質問, 裏側矯正(舌側矯正)

CONTACT

ご相談・カウンセリングは無料です。
お気軽にお問い合わせくださいませ。

03-5577-6475