縁の下の力持ち:アタッチメント


こんにちは、千代田区・神保町矯正歯科クリニック院長の東野良治です。

 

インビザライン治療はどのようにして歯を動かすと思いますか?

 

それは「アライナー」と呼ばれる透明な装置を用いて行われます。

aligner

 

初診の歯列から治療のゴールに向かって、2週間に1度のペースで新しいアライナーに交換しながら少しずつ歯を動かしていきます。

 

アライナーが新しくなるたびに、歯が少し動くということです。

 

1枚のアライナーはそれぞれの歯を最大0.25㎜動かすことができます。

 

ただ、アライナーだけでは難しい歯の動きというものが残念ながら存在します。

 

そこで、必要になるのが「アタッチメント」という補助装置です。

att clincheck

注)図の赤いポッチです。わかりやすく赤くしているだけで、実際は歯冠色のため目立ちません。

att photo

この「アタッチメント」はアライナーのフィッティングを良くしたり、複雑な歯の動きを可能にする目的で設置されます。

いわば、縁の下の力持ち、インビザラインの適用範囲を広げた立役者です。

att3att2att2

 

どの歯につけるかは、治療シミュレーションを作る段階で決定します。

 

毎年、インビザラインの適用範囲は広がっています。

 

それは「アタッチメント」など種々の改良によるところが大きいのです。

 

 

⇒関連ブログ 「実はアタッチメントが付いていますよ!」

 

 

 

 

矯正治療について何でもご相談ください

東京都千代田区の矯正歯科:神保町矯正歯科クリニック

〒101-0051
東京都千代田区神田神保町1-10-1 IVYビル3F
東京都千代田区の矯正歯科:神保町矯正歯科クリニック

日付:  カテゴリ:よくある質問, インビザライン, 歯並び・かみ合わせ・矯正治療

CONTACT

ご相談・カウンセリングは無料です。
お気軽にお問い合わせくださいませ。

03-5577-6475