歯が生えてこない⁉③好発部位・上顎犬歯


こんにちは、神保町矯正歯科クリニック・院長の東野良治です。

 

前回、前々回と、「歯の萌出障害」について書きました。

(「歯が生えてこない⁉」)

 

「歯の萌出障害」のもう一つの好発部位は上顎犬歯です。

上顎犬歯とは真ん中から3番目の歯のことです。

 

上顎犬歯の萌出障害の発現頻度は0.8~2.9%と報告されています。

また、男の子よりも女の子に多くみられます。

 

まれに左右ともに発現することもありますが、たいていは左右

どちらか一方にみられます。(85%が片側性だとの報告されています。)

 

上顎犬歯の場合、方向・位置の異常がほとんどです。

なかには犬歯の位置や萌出方向が悪すぎて他の歯にも悪影響を

及ぼすことや全く生えてこないこともあります。

 

子供の場合は、顔全体を撮影するパノラマレントゲンを撮る

機会があまりないため、発見が遅れて難症例になってしまう

ことがあります。

 

なかなか犬歯が生えてこないなと思われたら、一度歯科医に

ご相談されるとよいですね。

1667093602_s

 

矯正治療について何でもご相談ください

東京都千代田区の矯正歯科:神保町矯正歯科クリニック

〒101-0051
東京都千代田区神田神保町1-10-1 IVYビル3F
東京都千代田区の矯正歯科:神保町矯正歯科クリニック

日付:  カテゴリ:子どもの矯正治療

CONTACT

ご相談・カウンセリングは無料です。
お気軽にお問い合わせくださいませ。

03-5577-6475