学校歯科健診で不正咬合と指摘されたら


こんにちは。

神保町矯正歯科クリニック・副院長の東野麻衣です。

 

1995年に「学校保健法」の一部が改正され、

学校の歯科検診に「不正咬合」と「顎関節」のチェック項目が

加わるようになりました。

 

3歯以上の反対咬合など、決められた検査基準に当てはまると

「要観察」「要精検」というように評価されます。

 

学校の検診で不正咬合の検診をすすめられたら、矯正治療専門の

歯科医師を受診し、治療の必要度や考えられる治療方法に

ついての説明を受けるとよいと思います。

 

もちろん、受診したからといって必ず治療を始めなければならない

というわけではありません。

 

治療をするかしないかは保護者と本人の判断次第ですので、

どうぞ安心してご相談ください。

1667093603_s

 

 

矯正治療について何でもご相談ください

東京都千代田区の矯正歯科:神保町矯正歯科クリニック

〒101-0051
東京都千代田区神田神保町1-10-1 IVYビル3F
東京都千代田区の矯正歯科:神保町矯正歯科クリニック

日付:  カテゴリ:子どもの矯正治療

CONTACT

ご相談・カウンセリングは無料です。
お気軽にお問い合わせくださいませ。

03-5577-6475