子どもの反対咬合は早目の相談を


こんにちは、東京都千代田区 神保町矯正歯科クリニック・院長の東野良治です。

 

 

子どもの不正咬合の中でも、反対咬合(うけ口)は早めの矯正治療が必要です。

成長期の反対咬合は、上顎の正常な発育が阻害されてしまっているケースが多いからです。

上顎の真ん中の永久歯が生えてきた段階で、前歯が受け口の場合は早めにご相談ください。

1231070001_s

 

 

矯正治療について何でもご相談ください

東京都千代田区の矯正歯科:神保町矯正歯科クリニック

〒101-0051
東京都千代田区神田神保町1-10-1 IVYビル3F
東京都千代田区の矯正歯科:神保町矯正歯科クリニック

日付:  カテゴリ:子どもの矯正治療

CONTACT

ご相談・カウンセリングは無料です。
お気軽にお問い合わせくださいませ。

03-5577-6475