口呼吸と歯ならび (上顎前突編)


こんにちは、神保町矯正歯科クリニック・院長の東野良治です。

 

今日は、口呼吸と上顎前突(出っ歯)についてお話します。

 

口呼吸とは鼻ではなく口で呼吸することを言います。

 

「正しい呼吸は鼻呼吸です。」

images90YT5LKU

 

しかし、上顎の歯が出ていると、口を閉じるのが難しくなります。

 

そうすると、おのずと鼻呼吸ではなく口呼吸になってしまいます。

 

では、口呼吸のデメリットを見てみましょう。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

口呼吸のデメリット

・喉が乾きやすい

・口臭

・虫歯のリスク増大

・歯周病のリスク増大

・空気中の菌の感染リスクが増大

・見た目が良くない

などなど。

 

矯正治療で出っ歯を治して口が閉じやすくすることは、全身の健康増進につながります。

 

ただしワイヤーで歯並びを変えた後も、普段お口を開けている習慣が長く続いて来た方にとっては、常にお口を閉じた状態(鼻呼吸)にすることは容易ではありません。

 

当院では、お口周りの筋肉のトレーニング(MFT:口腔筋機能療法)についてもご説明し、より理想的なお口周りの環境改善を行えるようトレーニングの指導を行っております。

 

 

 

矯正治療について何でもご相談ください

東京都千代田区の矯正歯科:神保町矯正歯科クリニック

〒101-0051
東京都千代田区神田神保町1-10-1 IVYビル3F
東京都千代田区の矯正歯科:神保町矯正歯科クリニック

日付:  カテゴリ:大人の矯正治療, 子どもの矯正治療, 歯並び・かみ合わせ・矯正治療

CONTACT

ご相談・カウンセリングは無料です。
お気軽にお問い合わせくださいませ。

03-5577-6475