叢生(歯がデコボコしているケース)


こんにちは。

神保町矯正歯科クリニック・副院長の東野麻衣です。

 

今回は叢生の患者さんの症例をご紹介します。

 

叢生(そうせい)とは、

歯がお口の中に並びきらず歯列がデコボコしている状態をいいます。

DSC_0018 DSC_0020

この患者さん(当時中1)は、

右上の前歯1本が下の歯の内側に入っています。

 

このまま何もしないと上顎の成長を妨げてしまうことがあるので、

早めに治療を始めるとよいケースです。

 

DSC_0068(修正) DSC_0070

↑治療後の写真です。

 

内側に入っていた上の歯の位置が治り、歯列もきれいになりました。

来院回数は12回でした。

(※当院開業以前から院長が治療してきた患者さんの症例です。)

 

⇒人気関連ブログ 「叢生(歯並びがデコボコ)の原因と治療法

 

 

矯正治療について何でもご相談ください

東京都千代田区の矯正歯科:神保町矯正歯科クリニック

〒101-0051
東京都千代田区神田神保町1-10-1 IVYビル3F
東京都千代田区の矯正歯科:神保町矯正歯科クリニック

日付:  カテゴリ:大人の矯正治療, 子どもの矯正治療, 歯並び・かみ合わせ・矯正治療

CONTACT

ご相談・カウンセリングは無料です。
お気軽にお問い合わせくださいませ。

03-5577-6475