インプラント矯正とインプラント(デンタルインプラント)の違い


こんにちは、東京都千代田区の歯列矯正専門医院・神保町矯正歯科クリニック・院長の東野良治です。

03-111Aheart01.gif

 

本日は、患者様からよくご質問がある「インプラント矯正とインプラントの違い」についてお話します。

 

この違いを一言でいうと「全く違うもの!」です nurse.gif

 

まず、目的です。

 

インプラント矯正は、小さなスクリューを埋入し、矯正治療の補助をする方法です。

 

インプラント(デンタルインプラント)は、歯がない部分に埋入する人工歯根のことです。

 

また、大きさも全く違います。

 

矯正用のスクリューは直径が1.6~2.0mm・長さ4.0~8.0mm(某メーカー)であるのに対して、インプラントは直径3.0~6.0mm・長さ9.0~12.0mm(某メーカー)と大きさが全然違います

 

説明すればすぐにご理解いただけますが、意外と多いご質問(誤解・混同)です。「スクリューブログ用」DSC_0012ロゴのコピーブリッジとインプラント図3その2

*「インプラント矯正」とは「歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正歯科治療」のことです。

 

↓インプラント矯正がわかる動画です。サルのクリック

 

↓デンタルインプラントがわかる動画です。サルのクリック


 

 

 

 

 

⇒関連ブログ 「インプラント矯正とは!」
⇒関連ブログ 「インプラント矯正のメリット・デメリット」
⇒関連ブログ 「歯科矯正用アンカースクリュー埋入に追加費用は必要ありません。」
⇒関連ブログ 「インプラント矯正(歯科矯正用アンカースクリュー)の材質」
⇒関連ブログ 「スクリューの埋入について」

 

矯正治療について何でもご相談ください

東京都千代田区の矯正歯科:神保町矯正歯科クリニック

〒101-0051
東京都千代田区神田神保町1-10-1 IVYビル3F
東京都千代田区の矯正歯科:神保町矯正歯科クリニック

日付:  カテゴリ:インプラント矯正

CONTACT

ご相談・カウンセリングは無料です。
お気軽にお問い合わせくださいませ。

03-5577-6475