インビザラインの印象採得(歯型取り)


こんにちは、神保町矯正歯科クリニック・院長の東野良治です。

 

インビザラインやアソアライナーなどのマウスピース矯正装置の作製には特殊な印象(歯型取り)が必要となります。

 

最初の精密検査時採った歯型ではダメなのです。

 

インビザライン、舌側矯正(裏側矯正)の装置を作製する際には、検査時の歯型ではなく、精密印象が必要となります。

 

通常、歯型取りに用いる材料はアルジネートというものを使います。

 

アルジネートは硬化が早く、操作性も良く、非常によくできた材料なのですが、形を再現する精度においては最高ランクの素材ではありません。

 

検査模型や通常の矯正装置を作製するには十分ですが、インビザライン・舌側矯正(裏側矯正)装置用としては役不足なのです。

 

このような精密印象にはシリコンという材料を使用します。

 

シリコンは硬化が遅く、操作性もアルジネートと比べるとよくありませんが、精度という一点に関して最高ランクの素材です。

(本院では、2015年2月以降口腔内スキャナ―「iTero」にてさらに精密な歯型取りを行っています。)

 

また、とても高価な材料のため、できるだけ取り直しはしたくないのですが、インビザライン・舌側矯正(裏側矯正)製作には精度の高い歯型が必要なので、鮮明に印象面が出ていなければ取り直しをすることもあります。

 

それほどの精度が必要となるのです。

 

良いものを作るためには手間暇がかかりますが、ここにはこだわりたいですね。

無題.png4

 

 

 

矯正治療について何でもご相談ください

東京都千代田区の矯正歯科:神保町矯正歯科クリニック

〒101-0051
東京都千代田区神田神保町1-10-1 IVYビル3F
東京都千代田区の矯正歯科:神保町矯正歯科クリニック

日付:  カテゴリ:インビザライン

CONTACT

ご相談・カウンセリングは無料です。
お気軽にお問い合わせくださいませ。

03-5577-6475