お土産をいただきました。


こんにちは。神保町矯正歯科クリニック、副院長の東野麻衣です。

私には、海外に出ると必ず買って帰るお菓子があります。

アメリカのReese’s(リーシーズ)ピーナッツ バター カップという名前のチョコレート菓子です。

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、日本のお店では通常販売されていないものなので、海外で見かけるとついつい購入してしまいます。

ちなみに、このお菓子の味は私のお友達には大抵、理解されません。。。ピーナッツバターの味がきな粉みたい…とか言われちゃって。

でも私には、懐かしく、とても美味しく感じられます。多分、子どもの頃に食べた味だから、記憶のどこかに深く残っているのでしょう。

確認したら、今はネットでは簡単に買えるようですね。すごいなぁ!

ただ、ネットで買ってしまってはこの美味しさも、何故か半減してしまうような気もします…(o^^o)

そんな「海外に行ったら買ってしまうもの」の話をしていたら、

あるオーストラリア人の患者さんから、歯磨き粉を自国から必ず買って帰っているという話を聴きました。友人が帰国する時にお願いするなどして、沢山ストックしてるとも(*^^*)

何故、歯磨き粉?というと、フッ素の含有量が日本より多いから、ということのようでした。

なるほど、確かに日本ではオーストラリアに比べて認可されているフッ素の量が少ないのです。見てみると、当院で販売している歯科専売歯磨き粉の約2倍以上のフッ素含有量でした。

そして翌月、その患者さんがなんとお土産を持って来て下さいました!ウワサの歯磨き粉とお菓子です。

↓オーストラリアの歯磨き粉です☆

IMG_2765.JPG

ありがとうございます!!

早速、スタッフ皆で試してみました。

すると、

「辛い〜!」と皆びっくり(O_O)

ミントがとてもよく効いておりました。

でもスッキリしてハミガキしたなぁ~という満足感がありますね。私はだんだん慣れてきて今ではクセになってしまいました。

そう言えば患者さんが「日本の歯磨き粉は物足りない」と仰っていました。

フッ素の味はしないはずなのにおかしいな、と思っていましたが、このミントの味に慣れていたら、確かに日本のものは物足りないですね。ナットクです^_^

それにしても、

患者さんが歯磨き粉を海外から持ち帰り、歯医者の私がお菓子を持ち帰っているという…これは…良いのかな⁈

みなさん、美味しく食べて、しっかり歯磨きしましょうね☆

 

 

矯正治療について何でもご相談ください

東京都千代田区の矯正歯科:神保町矯正歯科クリニック

〒101-0051
東京都千代田区神田神保町1-10-1 IVYビル3F
東京都千代田区の矯正歯科:神保町矯正歯科クリニック

日付:  カテゴリ:医院紹介

CONTACT

ご相談・カウンセリングは無料です。
お気軽にお問い合わせくださいませ。

03-5577-6475